身長伸ばす方法|コンプレックスにさせない

女性

泡を出す栄養素

錠剤

サポニンは大豆や高麗人参に含まれており、血糖値やコレステロール値を下げたり血行改善や免疫力向上効果が明らかになっているので注目されている栄養素です。食材からの摂取が難しい場合は、サプリメントで摂取すると手軽なので活用すると良いと思います。

血糖値が上がる

サプリメント

生活習慣病でも糖尿病で悩んでいる人は多く、放置しておくと手足がしびれたり腎臓病になったり脳卒中や心筋梗塞などの病気を招くことがあります。糖尿病は食生活が原因のことが多く、食べ過ぎや白米の摂りすぎはよくないです。糖尿病に効くサプリメントは、マグネシウムやビタミンB1などを含有したものがいいです。

コンプレックスを解消

家族

相乗効果のある栄養素

成長期を含め、身長の低さに悩みを持つ場合には身長伸ばす補食も大切で、1日3食の量で足りない場合には間食で食事回数を増やして栄養を補います。女性の場合、一度に沢山の量が食べられない場合が多いものの、食事回数を増やすことから始める一工夫で成長を促すことに繋がります。身長伸ばす栄養食品として乳製品を挙げることができ、牛乳やヨーグルト、チーズなどにはカルシウムが含まれています。カルシウムは骨などに蓄積されることから、骨の成長には必要不可欠な栄養素です。身長伸ばすための骨を構成するカルシウムは、吸収をサポートするビタミンD3を効率良くサプリメントとの併用で摂取するのが適しています。またカルシウムの定着のためにはビタミンKも摂取したい栄養素で、納豆やモロヘイヤなどにも多く含まれており、美容と健康を意識する女性の美食にも結び付く栄養素です。

20代以降も影響力がある

丈夫な骨を作り、健全な成長を促すには必要な栄養をしっかり摂取することが大切です。スラッとした高身長に憧れる女子は多く、身長伸ばすことに着目した場合、その土台は食事や栄養素です。特に5大栄養素は身体にとって役割が異なり、身長伸ばすための骨を構成するには脂質やたんぱく質、ミネラルなどが必要です。炭水化物はエネルギー源としても重要な栄養素ですし、ビタミンやミネラルは身体の機能を整える女子には必須となる栄養素になります。10代は成長期でもあり、身長も成長ホルモンによって伸びるものの、カルシウムを摂取しておくことによって20代以降の健康美にもしっかり反映されます。牛乳の場合、毎食コップ1杯の習慣がポイントで、カロリーや味が気になる場合には低脂肪やヨーグルトをプラスするなど、アレンジするのも習慣付けるポイントになります。また成長ホルモンは深い睡眠で分泌されるため、快眠できる胃に負担の少ない夜食にミルク粥なども効率的です。

脳を活性化する成分

男の人

DHAは青魚などに含まれる不飽和脂肪酸の一種で、肉食中心の食生活を送る人が多いことなどもあって最近ではサプリメントが安定した需要を獲得しています。脳の働きを活性化するほか、生活習慣病の予防効果も期待できます。